お問い合わせ

船舶、陸用、産業機械、搬送省力関連機械の販売、アフターサービス

森田電機産業株式会社

〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-6 TEL03-3434-1821

カルモアゼオガイア

厨房排気用セラミック脱臭フィルター

オイルミストを多量に含み、調理の種類も多岐に渡り対策が困難だった厨房排気臭に対応すべく、厨房排気臭対策フィルターを開発致しました。
本製品は東京都の平成24年度オープンイノベーション促進助成を受け開発した厨房排気臭対策用脱臭フィルターです。

  • ■ ゼオガイア本体
  • ■ ゼオガイアケーシング
    ケーシングユニットはパッケージ品が御座います。
    小風量〜大風量まで対応可能ですので弊社までお問い合わせ下さい。

■ フィルター特性

高い脱臭性能 低圧力損失
フィルター断面図調理臭に有効な複数の脱臭原材料を含有したことで様々なサイズの細孔がフィルター表面に存在しています(マルチポーラス機構)。その為、1つのフィルターで幅広い臭気を強力に脱臭致します。 高い脱臭性能を維持しつつ、低圧力損失を実現致しました。従来品に比べ、圧力損失を50%削減。排気ファンの動力負荷を低減することで、CO2の削減にも貢献致します。
高いコストパフォーマンス 消音効果
吸着と徐放を繰り返すことで脱臭フィルターに負荷が蓄積することを防ぎ、交換サイクルの ロングスパン化が期待出来ます。
臭気が強い時間はしっかり脱臭、臭気が弱い時間は低濃度で放出します。※メンテナンスの頻度は臭気やオイルミストの負荷・度合いによって変動致します。
多孔質なセラミック無機繊維フィルターの特性により、排気ファンの不快な高音域の騒音値を3〜7dB低減致します。
脱臭に加え、消音効果も期待できます。※フィルター3段時の消音効果です。周波数帯によって低減する消音効果は異なります。
※3dB低減することで音響エネルギーは約半分になります。

■ 脱臭特性

脱臭原理 脱臭効果

ゼオガイア表面の複数サイズの無数の細孔に臭気分子が捕捉されることで吸着脱臭致します。入口臭気が弱い時に、一部分解を伴いながら、緩やかに吸着していた臭気分子を放出します。

徐放効果

調理時に発生する臭気が強い時間帯は、臭気を強力に吸着脱臭し、臭気が弱まったタイミングで徐々に臭気を放出していきます。※センサーはKALMOR-Σにて測定。

■ 導入事例

事例@ 都内某スーパーマーケット

新築でオープンしたスーパーの惣菜のフライヤー臭が原因で、近隣マンションから臭気苦情が発生致しました。
限られたスペースへの設置の為、特殊仕様のユニットで対応。
高い脱臭性能を発揮し、ゼオガイア納入後苦情が解決致しました。

  • 型  式:ZG-14000-3特殊(排気風量:12,900CMH)
  • 脱臭性能:入口臭気濃度1600→出口臭気濃度79
  • 脱臭効率:95%
事例A 某牛丼チェーン店

約10年程前に納入した既存脱臭フィルターの更新工事に伴い、既存のユニットを活かして、ゼオガイアフィルターを納入致しました。
以前の脱臭フィルターに比べ約10%脱臭効率がアップ致しました。

  • 型  式:ZG-2000-3(排気風量:2,000CMH)
  • 脱臭性能:入口臭気濃度500→出口臭気濃度40
  • 脱臭効率:92%

■ 用途例

・複合商業施設の飲食店 ・飲食テナント ・オフィスの社員食堂 ・うなぎ屋
・老人ホーム ・コンビニエンスストア ・給食センター ・中華レストラン
・とんかつ屋 ・カレーレストラン ・焼肉屋 ・天ぷら屋
・イタリアンレストラン ・スーパーマーケット ・ファミリーレストラン 

■ ゼオガイアフィルター仕様

素材 セラミック無機繊維素材(不燃物により構成) サイズ 300×300×60t 重量 約1,400g/枚 推奨面風速 1〜2.5m/sec 推奨温度 5〜60℃ 圧力損失 16〜52Pa/段(ただし、面風速により変動します。)

■ ゼオガイア圧力損失

※上記はフィルター1段あたりの数値です。
ユニット形状によっては、1段当たりの圧力損失が増加する場合が御座います。


お問い合わせの際には、下記情報を教えて下さい。

・排気風量 ・原臭臭気濃度 ・脱臭目標値 ・設置スペース
・排気温度/湿度 ・臭気質 ・店舗形態 ・稼働時間 等

ご使用に際しての注意事項

・臭気測定法 三点比較式臭袋法(公定法)
・オイルミストの前処理 総務省消防庁「グリス除去装置の構造等の基準(平成8年8月15日付消防予第162号)」に準拠したグリスフィルターをご使用下さい。
但し、オイルミストが多量に飛散してくる店舗(焼肉・中華・鉄板焼き等)や灰・粉塵が飛散してくる場合は別途前処理をして下さい。
・使用環境 ゼオガイアは液体中では使用出来ません。

お問合せはこちらまで

本社 機械事業部

TEL03-3434-1821FAX03-3434-1396

メールアドレスwebmaster@morita-ei.co.jp